古いラグだけど母のお気に入り

うちの家には私が生まれた頃からリビングにラグが敷いてある。

うちの雰囲気にとても似合っていて私のお気に入り。

もう30年にもなるけど、全然ほつれていないし表面もとっても綺麗。

母がずっと愛用しているラグなので、メンテも欠かさない。

毎日優しくブラッシングしてラグの上を歩くの躊躇するほど綺麗。

ワインをこぼしたこともあったし、コーヒーをこぼしたこともあった

食事の最中にスープをこぼしたことも。

けど母は怒りもせずにラグを綺麗に拭き、メンテしている。

どうしてそこまで1枚のラグにこだわるのかわからなかったけど

このあいだ初めてそのラグの物語を聞かせてもらった。

おじいちゃんから母の20の誕生日にもらったものらしい。

それも母がその頃イスタンブールで働いていた時に出会ったラグ

らしく、どうしても欲しかったが金額が合わずに諦めたものだったみたい。

おじいちゃんがその話を聞きつけ。母の成人式の日に送ったものだとか。

それ以来母はずっとこのラグを大切に大切にしている。

そのラグは私のお気に入り。私がお嫁に行く時には

内緒で持って行こうと今から企んでいる。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です